樹木葬を始めた理由

公開日:  最終更新日:2021/04/12

本多石材店の本多でございます。

弊社は、島根県・鳥取県を中心に暮石業を営んでおりますが、お墓についてお悩みを持っておられる方が、お墓の相談に来られる事が多くあります。

お墓だけの相談ならお応えできるのですが相続とか家の後継ぎがいないとか、色々なお悩みを持つ方が多くいらっしゃるのを受け、専門外の相談は弊社だけでは解決が難しく思っていました。

そこで、そのような方々のお悩みやお困りごとを解決する相談の窓口を作り、少しでもお悩みが解決できたら良いという想いで、終活カウンセラーの資格を取り「安来終活支援センター」を設立しました。

「安来終活支援センター」では専門の知識を持った行政書士・税理士・写真館などの方々が在籍していて、終活のセミナーや相談会を開催してきました。

そこでは、それぞれお客様のお悩みに応じて相談をお伺いして、それぞれの専門分野の方々に細かい相談ができると好評でした。

「安来終活支援センター」や弊社ではお墓に関するご相談を多く承っていました。

例えば

後継ぎがいなくてお墓をどうしたらよいのか困っている。

子どもが遠くにいて墓参りするのが大変だと言っているから、どうにかならないだろうか?

お墓の掃除が大変だからもっと管理がしやすくしたい。

永代供養するにはどうしたらよいか教えて欲しい。

夫婦二人だけのお墓はできるのか?

などなど

近年の少子高齢化で“後継者不足によるお墓の管理が難しい”というお声を“お客様より多数”お伺いしておりました。

また、生涯独身で自分が入るお墓がなくて困っている。

という方も多くいらっしゃることもわかりました。


弊社でも調べたところ、現状ではそのような方が入れるお墓は広島県までいかなければならないというものでした。
そのような状況を踏まえた上で社内で検討した結果、山陰のみなさまが安心して供養できる墓地を提供することが弊社の使命であると考え、樹木葬の分譲を始めさせていただきました。

山陰では樹木葬という言葉も珍しく、霊園開発に必要な墓地探しでも樹木葬霊園の話を聞いていただける寺院もほとんどなく、霊園開発は困難で時間がかかりました。

しかし、そういう中でも私たちの考えをご理解いただき、樹木葬霊園を作らせていただいたご寺院の方には本当に感謝の言葉しかありません。 

樹木葬霊園グレイヴパークに来園される方は非常に多く、

こんなにも樹木葬や永代供養などに関心のある方が多いのには

ビックリしました。

ご契約されたお客様のお話をお伺いすると、

「本当にこういう場所ができてよかった。助かった。」

「こういう永代供養できる霊園ができるのを待っていた。」

「宗教や宗派に縛られない自由な霊園で良かった。」

「子供達にも迷惑をかけず安心することができた。」

「夫婦二人のお墓ができてうれしかった。安心した。」

など喜んでおられるお言葉をいただくと、

本当にお墓のことで悩んでいる方を少しでも手助けができたのは

本当に良かったなと思います。

これからもお墓のお悩みを持っている方々のためにも

樹木葬霊園グレイヴパークを山陰各地で展開していき、

少しでも皆様のお役に立てたら・・・と考えています。

PAGE TOP ↑