樹木葬を購入すべきタイミングは!?

公開日: 

樹木葬や永代供養を考えている方は必見!プロが教える樹木葬(永代供養)・お墓の基礎知識

樹木葬(永代供養)・お墓を購入するタイミング(時期)として

いつ・このタイミングで購入しなければならない。

という決まりはありません。

ただ

私は島根県鳥取県にまたがり樹木葬・お墓のプロとして

長年やってきたことで、

「お客様がいつどのようなタイミングで購入するのか!」

ということを知っています。

また、

樹木葬購入者の実態調査も行っていますのでデータも持っています。

それらを踏まえて

これから、

どのような人が

どのタイミングで

樹木葬やお墓を購入しているのかを

お話ししていきたいと思います。

特にここでは島根県鳥取県の山陰地方で樹木葬(永代供養)を購入するタイミングについてく詳しくお話しさせていただきます。

目次

  1. お墓を購入するタイミングはいつなのか?
  2. 樹木葬購入者の年齢は樹木葬購入のタイミングと関係あるの?
  3. 樹木葬を見学・購入するタイミングはいつが良いのか?
  4. まとめ

1.お墓を購入するタイミングはいつなのか?

樹木葬を購入するタイミングを言う前に、

お墓を購入するタイミングについて簡単にお話ししておきましょう。

お墓を購入するタイミングについては

「お墓を購入すべきタイミングは?」

で詳しい情報は話していますので、そちらをご覧ください。

お墓を購入するタイミングとしては、

人によって様々なタイミングがありますが、

その代表的なタイミングについてまずはお話ししていきましょう。

その1:家族の誰かが亡くなった時

家族の誰かがなくなった後、「四十九日法要」までにお墓を建てて、親戚も集まる四十九日の法要に納骨を済ませてしまうケースが多くあります。

昔と違い墓石店では機械設備が整い、海外からの製品の取り寄せも早くなっているので、注文から完成までの期間が短くて済むようになりました。

ですから、お客様の注文が早ければ、四十九日法要に間に合うように墓石を作ることも可能なのです。

墓石店によっては間に合わせることができず、もう少し先での お墓の完成が良いというようなことを言う墓石店もありますが、納期に間に合わせることのできない墓石店ではお客様の期待に応えることは難しいといえるでしょう。

樹木葬の場合には、

すでにお墓として使用するプレートが用意してある場合が多いので、プレートに文字彫刻を行うのに時間がかかるとしても、十分「四十九日法要」には間に合うタイミングになります。

お墓を購入するためには、まず墓地探しから始め、墓石店選びから墓石をどのようにするか考え、墓石店との打ち合わせなどに非常に沢山のことをしなくてはならないため、どうしても日数がかかります。墓石や墓地の事などで考えることも多くあり、それに時間がかかる場合があります。

しかし、

樹木葬では、決められた一区画を選ぶだけなので面倒なことはありません。寺院との関係もそんなにはないので気楽ではあります。

また、芝の区画もあるので、自然を望む人には芝の下に埋葬してあげれば喜ばれることでしょう。

その2.:法要や仏教行事に合わせてお墓を購入する

先ほどの四十九日法要に合わせてお墓を建てる。というのに近いものがありますが、この場合、ゆっくりと時間をかけて考えたいとか、あるいは諸事情によりすぐにはお墓を建てられない人がこのような法要を一つの区切りとしてお墓の購入に向けて行動しています。

四十九日法要の後では、百か日法要、一周忌、三回忌、それ以上の場合もあります。

また、初盆、お彼岸など仏教の行事に合わせてお墓を購入するタイミングとしてとらえている人もいます。

お墓を建ててお骨を収めて

そこで気持ちも一緒に一区切りつけたいと考えている人が

このようなタイミングで購入するのです。

樹木葬の場合には、

すでにプレートがお墓として設置してあるので、

どのタイミングにも合わせられるメリットがあります。

自分の思うタイミングで購入し納骨までできます。

また、

すぐにでも納骨したいという人には、

大変メリットがあります。

霊園を管理している寺院の住職にお願いすれば、

納骨の際に拝んでいただくこともできますし、

一周忌、三回忌などの法要をしていただくことも可能です。

樹木葬では、

特に法要で住職に拝んでもらわなくても、

家族だけでお墓を拝んで帰られる方もいらっしゃいます。

樹木葬の場合は、

「こうしなくていけない!」

というような決まりごとは特にありませんので、

自分の気持ちでされたら良いと思います。

その3:墓地を買ったタイミングでお墓を購入する

新しい墓地ができたから、とりあえず墓地を買っておく。

いずれ必要だから墓地を買っておく。

お墓を建てなくてはいけないから墓地を買う。

御骨を埋葬しなくてはいけないからお墓を買う。

など、

墓地や墓石を購入するきっかけは人それぞれです。

墓地を購入してしばらく何もしない人もいますが、墓地を購入 したことによってお墓に関心を強く持つようになり、結局お墓もついでに買ってしまうケースも多くあります。

樹木葬の場合は、

墓地を買う=墓石を買う

という事になります。

自分が気に入った樹木葬霊園を見つけ、

気に入った区画を買えば、

それでお墓を買ったことになるので、

非常にスピーディーにお墓を買うことができます。

その4:終活の一環として生前にお墓を購入する

近年、終活をする人が増えて、お墓の準備もしておく人も多くなっています。昔は、「家族の誰かが亡くなってからお墓を建てる」というのが一般的でしたが、現在はその考え方は古くなってきているといわれています。

自身や家族で終活のことを考えたとき、自分たち家族にあったお 墓を自分たちの希望に合わせて作りたい。と思う人が多くなりつつあります。お墓に自分たちの思いを込めたお墓づくりをしたいと願う人が多くなってきています。

「自分が亡くなったらこのお墓に入るのだな~」

「こんなお墓に入り眠りにつきたい」

「こんなデザインのお墓を買いたい」

と思いを込めてお墓を考え、お墓を建てるのです。

また、子供たちにお墓を購入させるのは大変だから、自分が生きているうちにお墓を建てて、子供たちに迷惑をかけないようにしようと考えて生前にお墓を購入する人もいます。

樹木葬の場合は、

ほとんどの人が生前に樹木葬を購入しています。

事前に自分や家族のお墓を用意しておく人が多いのが現状です。

お墓の承継者がいない人。

お墓の管理をするのが大変だから・・・。

子供に迷惑をかけたくない。

など、

お墓について悩みや問題を抱えている人たちが

樹木葬の購入には積極的に行動しています。

そういう人たちの期待に応えられるのも

樹木葬の良い面でもあります。

2.樹木葬購入者の年齢は樹木葬購入のタイミングと関係あるの?

樹木葬を購入するタイミングとして、年齢は関係あるのでしょうか?

何歳くらいの人が樹木葬を購入しているのか、

少し気になるところですよね。

もし自分がその対象年齢であれば、

樹木葬について真剣に考えなければいけないのかもしれません。

樹木葬霊園グレイヴパークが行なった

島根県鳥取県の樹木葬購入者の実態調査からわかったことを

お話ししていきます。

樹木葬を購入している年代で最も多い年代は60代~70代の人たちです。

60代で樹木葬を購入した人が31%、

70代が同じく31%となっています。

60代と70代で全体の62パーセントも占めています。

ほぼ半数以上の人が60~70代で樹木葬を購入していることがわかります。

そして

50代で樹木葬を購入した人達が20%

80代で樹木葬を購入した人達が11%

となっています。

この結果からわかるように

早ければ50代で樹木葬を購入し始め

60代~70代の人たちが最も樹木葬の購入に熱心だという事がわかります。

定年退職をして、終活をし始める年代といえるでしょう。

また子育ても終わり自分たちの将来を考えたとき、

樹木葬という選択肢がちょうど良かったのかもしれません。

樹木葬を購入するタイミングとして

50代60代70代が最も適した年齢層といえます。

また

樹木葬購入者の平均年齢は67歳という結果になっています。

現在、これを読んでいるあなたは

ちょうどこの年代にあたる人かもしれませんね。

そして

「自分にはまだ早い!」

と思っていたかもしれませんが

多くの人たちがこの年代で購入している調査結果からも分かるように

樹木葬を購入するのに

ちっとも早くはない!

むしろ遅すぎるくらいかもしれない。

という事です。

この年代になったら

樹木葬や永代供養を真剣に考えてみるのも良いでしょう。

そして

80代になると

「先が短いから準備しておく」という真剣さが伝わってきます。

一番若い人では30代で購入した人もいて、

こんなに早くから準備しておく人がいるのには驚かされました。

樹木葬購入者の平均年齢については

下記で詳しく述べているので、関心のある方はそちらをご覧ください。

島根県鳥取県の樹木葬(永代供養付)の購入者の平均年齢とは?

3.樹木葬を見学・購入するタイミングはいつが良いのか?

樹木葬霊園グレイヴパークに見学や相談に来られる方は、

どのような方かというと

・とりあえず見てから考えたい。

・前々から考えてはいたけど、いつ買うかは決めていない。

・チラシが入っていたので見に行こうと思った。

・ホームページだけではよくわからないから説明を聞こうと思った。

・いずれ買うつもりだけど、まだ早いような気がする。

・家族や親戚と相談してから決めようと思う。

・自分のようなケースはどうしたらよいか相談に乗ってほしい。

・「墓じまい」をして樹木葬にしたいと考えているので相談しに来た。

・今すぐにでも納骨したいので決めに来た。

・テレビで見て、素敵だと思って見に来ました。

などなど

本当に相談や見学だけで帰られる方もいますが、

自分の気に入った区画(場所)を仮予約して帰られる方もいれば、

即決で契約して帰られる方もいます。

仮予約や契約をせずに帰られる方は、

まだ考える余地があるのだと思われますし、

自分にはまだ早いと思っている人も結構います。

しかし、

決断の早い人は自分の思っている区画が人にとられないうちに早く契約をしてしまいます。

大概の樹木葬霊園では、お墓の場所(区画)を決めるのは早いもの順です。

抽選などはない霊園が多いのです。

ですから

いずれ買うけど、自分にはまだ早いと思っている人は

まごまごしているうちに

良い場所を人に取られてしまう!

かもしれません。

4.まとめ

樹木葬は

お墓の承継者がいなくても大丈夫ですし

永代供養もしてもらえる

お墓の管理もしなくても良い

子供に迷惑をかけなくて済む

宗教や宗派も自由

ペットとも一緒に入れる

など

供養に関して自由度が高いことから多くの支持者がいます。

そして

樹木葬を購入するタイミングとしては

年間管理費などのお墓を維持していくのにかかる

維持費がかからない霊園が多いので、

早めに購入しておくことです。

年齢的には50代からでもちっとも早くありません。

調査結果では

樹木葬購入者の平均年齢は67歳です。

50代~60代、遅くても70代で樹木葬を購入するのが

最も良いタイミングです。

近年、日本人の平均寿命も延び、

人生100年時代も来ると言われていますが、

健康で100年生きれるという保証はどこにもありません。

体が不自由になっては何もできなくなります。

それに、

もしかしたら家族に不幸があり、

相談する人がいなくなってしまうこともあるかもしれません。

健康で終活ができるうちに

自分の将来を見つめ直し

早めに自分や家族のためのお墓として

樹木葬を購入しおくのが得策です。

(注意:霊園によっては維持管理費のかかる霊園もあるかもしれないので、確認は必要です)

***************************************************************************

樹木葬霊園グレイヴパークの詳しい情報は http://gravepark.net/

各霊園の詳しい情報は、それぞれのページでご確認ください。

【お問い合わせ先】

≪有限会社 本多石材店≫
住所:島根県安来市伯太町東母里963-1
◆安来駅から車で15分◆
TEL:0120-854-148

FAX:0854‐37-1288

mail     info@honda-boseki.com

PAGE TOP ↑